本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

ICカードの新規発行、チャージが一台で可能

ICカード発行チャージ端末

特 長

ICカード発行チャージ端末

8.4型タッチパネル液晶ディスプレイを搭載

 どなたにでも簡単に操作できます。

ネットワーク対応

 運用により、複数台設置する場合には、ネットワークに接続することにより管理パソコンにて一元管理が可能です。

英語併記を標準対応

 外国人の方でもストレスなくご利用できます。

カード保証金対応

 ICカードの保証金(デポジット)を設定することができます。カードの再利用を促進できます。

2タイプをラインナップ

 高額紙幣/硬貨対応タイプのHC2000と1,000円紙幣入金専用タイプHC1000をご用意。運用にあわせてお選びいただけます。

デモムービー


* デモムービーのナレーションは弊社の音声合成ソリューションを使って作成しています。

機 能

カード発行機能

 現金を投入して、購入金額ボタンをタッチすると、チャージされたカードが発行されます。
 デポジット( カード保証金 )を設定することができます。
 デポジットを設定した場合は、カード払戻し時にお客さまへ返金されます。

チャージ機能

 カードを挿入、現金を投入して、購入金額ボタンをタッチすると、チャージされたカードが排出されます。

カード払戻し機能( HC2000 のみの機能 )

 カードを挿入、決定ボタンをタッチすると、カード残高とデポジットが返金されます。
 カードは装置内部の回収BOXへ搬送されます。払戻し済みカードは、再利用可能です。

カード残高履歴照会機能

 カードを挿入すると、カード残高、有効期限、取引履歴が表示されます。

画面操作例( カード発行 )

 8.4型タッチパネルで簡単にご利用いただけます。

画面操作例(カード発行)

仕 様

項目 高額紙幣/硬貨対応タイプ
HC2000
1,000円紙幣入金専用タイプ
HC1000
ディスプレイ 8.4型 SVGA ( 800 * 600ドット )抵抗膜方式タッチパネル
コントローラー OS:Windows Embedded Standard 2009
CPU:インテル AtomTM プロセッサ N270 1.6GHz
メモリー容量:1GB ( DDR2 SO-DIMM )ビデオRAMと共用
主な機能 カード発行/チャージ/カード払戻し/
カード残高履歴照会
チャージ/カード残高履歴照会
‹オプション:カード発行›
取引時間の目安 平均30秒 (*1) 平均30秒 (*2)
取扱金種(*3) 国内発行貨現行6金種
日本銀行券現行4金種
日本銀行券現行
1,000円紙幣
硬貨収納枚数 500円 : 105枚
100円/10円/1円 : 各160枚
  50円/5円 :各120枚
全金種/全枚数還流式
紙幣収納枚数 10,000円/5,000円 : 各100枚
  2,000円 : 20枚( 入金のみ )
  1,000円 : 200枚
2,000円紙幣を除き全枚数還流式
千円官封紙幣 240枚±25枚
カード格納枚数 カードスタック最大枚数: 200枚
カード回収最大枚数    : 200枚
カードスタック最大枚数: 200枚
対応カード Mifare/FeliCa ( 弊社標準カードフォーマット )/交通系電子マネー
カスタマイズにて個別カードに対応可能です。
プリンター 印字方式:ラインサーマルドット( 装置内部に装備 )
使用環境 温度:動作時:5〜30℃ 屋内( 直射日光が当たらないこと )
非動作時、保管または輸送時:−20〜60℃ ( 温度勾配±10℃/h以下 )
湿度:20〜80%( 結露なきこと、最大湿球温度:25℃ )
外形寸法 W400 × D600 × H1600[mm] ( 突起部、転倒防止版含まず )
質量 140kg ( オプション含まず ) 90kg ( オプション含まず )
使用電源 AC100±10V 50/60Hz
消費電力 650 W 400 W
適合規格 VCCIクラスA / 電源高調波クラスA準拠
オプション UPS

(*1) カード発行、追加チャージを使い慣れた人が標準的な操作時間で行った場合を想定した時間です。
(*2) チャージを使い慣れた人が標準的な操作時間で行った場合を想定した時間です。
(*3) 取扱金種は、2011年9月現在です。

*
ICカード発行チャージ端末搭載のオペレーティングシステムについては、マイクロソフト社のサポートポリシーに準拠します。
導入後マイクロソフト社のサポートが終了になる場合がございます。

配置スペース

配置スペース

単位:mm                              

カタログダウンロード

  • * 記載されている内容は予告なしに変更する場合があります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。