本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

「伝の心」(でんのしん):機能・特徴その3

身体の不自由な方のための意思伝達装置

インターネットや多彩なソフトウェアを通して、人とのつながりや楽しみを一挙に広げられます。

 メール

遠くにいる人に文章が送れるメール機能が使えます。

遠方の家族や友人ともコミュニケーションを図れるようメール機能を搭載。メールの返信はもちろん、送られてきたメールのアドレスはそのままアドレス帳に登録できます。

遠くにいる人に文章が送れるメール機能が使えます。

  • *メールの文章は、伝の心ユーザーの照川貞喜様と北吉政博様から了解をいただき掲載しました。

メールのあて先をグループ分けできます。

* Ver05-10からの機能です

「メール」のアドレス帳にアドレスグループを登録できるようになりました。
関連するメールアドレスをまとめて一つのフォルダに入れることにより、効率的にあて先を選択することができます。

メールのあて先をグループ分けできます。

 一発メール送信

「文書」入力中に、編集中の文書を一発メール送信できます。

* Ver05-10からの機能です

標準のメール機能に加えて、ひらがな文字盤内にある「送」ボタンを選択するとメールを送信できる一発メール送信機能を搭載。
アドレス帳に登録されている宛先から、一発メール送信宛先を登録できます。
宛先は複数件登録可能で、宛先に対してメールアドレスも複数登録できます。宛先名は自由に編集できるので、自分の分かりやすい名称をつけられます。

「送」ボタンを押す
下矢印
あて先を選択して「送信」してください。

 インターネット

インターネット上で趣味を深めたり、コミュニティに参加することができます。

インターネット上のさまざまなサイトを閲覧して趣味を深めたり、ネット上のコミュニティに参加してつながりを広げたりすることができます。

インターネット上で趣味を深めたり、コミュニティに参加することができます。

 各種ソフトウェア

市販のソフトウェアが操作できます。

標準の専用ソフト(意思伝達機能、電子メール、インターネット)以外にも、さまざまな市販のソフトウェアを利用いただけます。キーボードやマウスなどの操作が入力用センサーで行えるため、辞書ソフトやゲームソフトなどお好みのソフトウェアを選ぶことができます。

市販のソフトウェアが操作できます。

  • 注意:ソフトウェアによっては正常に操作できないことがあります。

 マウス操作

「マウス操作盤」の機能が、より分かりやすく、より便利になりました。

* Ver05-10から機能拡張しました

「ブラウザ操作」や「Windows操作」のメニューから呼び出せる「マウス」に「拡張マウス」が追加され、従来の「マウス」は「基本マウス」に名称変更されました。
「拡張マウス」のサブメニューには、「Shift +左クリック」「Ctrl +左クリック」が追加され、マウス操作の幅が広がります。

マウス操作



* Ver05-60から機能拡張しました

マウスの移動方向は4方向でしたが、8方向も設定可能になり移動が楽になりました。それに伴い、マウス操作盤のサブメニューから画面分割の項目をなくしました。

マウス操作

  • 注意:4方向・8方向の設定は支援者の方が行います。


* Ver06-00から機能拡張しました

「基本マウス」「拡張マウス」両方のサブメニューにマウスのスクロールボタンの操作を追加しました。スクロールバーのある画面の操作が楽になります。
また、サブメニューの順番について、よく使うメニューを上の方に配置しました。

基本マウスのサブメニューと拡張マウスのサブメニューのイメージ画像