Hitachi

ワーム型ランサムウェアにご注意ください

2017年5月25日

 「伝の心」をご利用のお客様に、ランサムウェアに関する注意喚起のお知らせをいたします。
 既にニュース等で報道されておりますが、国内外でランサムウェアによる感染被害が多発しております。攻撃の特徴と対処方法についてお知らせいたしますので、ご注意ください。

ご参考


対象製品

 伝の心全製品が対象となります。


ランサムウェアの特徴

 ランサムウェア感染による被害報告より「WannaCry/Wcry0」と推測されます。ファイル暗号化型のランサムウェアで、元に戻すことと引き換えに身代金を要求する画面が表示されます。今回のランサムウェア攻撃の特徴は、ネットワークにおいてファイル共有するために使われているサービスが標的であることです。


対応策

1.
ランサムウェア感染被害の防止
  • セキュリティソフトの導入
    ネットワークに接続されるお客様におきましては、「セキュリティソフト」の導入をお勧めしてまいりましたが、ネットワーク上でファイルの共有、または病院や施設のネットワークに接続されているお客様は特に導入されることをお勧めいたします。また、セキュリティソフトのアップデート未実施や、有効期限切れ等にもご注意ください。

    ご確認ください

     伝の心で推奨しております「ウイルスバスタークラウド」におきましては、これらのランサムウェアの検出対応を行っています。最新のパターンファイルへのアップデートを行っていれば大丈夫です。
     現在お使いの方はネットワークに繋げておけば、自動で最新のパターンファイルへアップデートが行われます。

  • 不審なメール、ファイルは開かない
    「伝の心」の「メール」はテキストメールですので、URLが記載されていても、直接選択して不審なサイトへアクセスすることはありませんが、身に覚えのない相手からのメールには注意し、安易に添付ファイルを開封したり、メール本文内のURLをコピーして「ブラウザ操作」で使用したりしないでください。
  • 怪しいサイトは閲覧しない
    Webサイトの閲覧はセキュリティソフトを必ず導入してから行い、今回のようにウイルスが流行している場合は、怪しいサイトは閲覧しないようにしてください。
2.
ランサムウェアに感染した場合
  • サポート期間内の製品をご利用の場合(Ver05-30〜06-00)
    「伝の心」の修理対応をさせていただきます。
    ランサムウェアに限らず、「ウイルス感染」による修理依頼は「HDDを工場出荷時状態に戻す」対応となります。またこの場合無償期間(ご購入後1年)中であっても、基本的には有償対応となりますので、ご注意ください。
  • サポート終了後の製品をご利用の場合(〜Ver05-22)
    伝の心現行モデルへの買い替えをお薦めいたします。
    OSのサポートが終了しておりますので、修理対応をさせていただいても、再度「ウイルス感染」する可能性がございます。このような理由から当社ではサポート終了後の「HDDを工場出荷時状態に戻す」サービスは行えませんので、何卒ご理解いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

※注意※

 安易に身代金の支払いに応じないようお願いいたします。サイバー犯罪者が約束を守る保証はどこにもありません。さらに弱みにつけ込まれる可能性もあります。