Hitachi

伝の心勉強会 ( こころふれあい広場 ) のご案内( 2017年度 第6回 )【 申し込み受け付けを終了しました 】

2017年12月15日
更新日:2018年2月2日


 「伝の心」をご利用のお客様、これからご利用を検討されている方など、どなたでもご参加いただけるコミュニケーション支援機器の勉強会を下記の要領で開催いたします。興味を持っているだけでも大丈夫です。お気軽にご参加ください。
 今回は、伝の心の基本を知りたい方向け(伝の心に触れたことが無い方、操作に不安がある方)に<第1部>、伝の心の基本は知っている方向けに<第2部>と分けて、<第1部>、<第2部>どちらからでもご参加いただけるプログラムにいたしました。<第1部>または<第2部>のみのご参加も可能です。
本年度第2回でも同じプログラムを行いましたが、スイッチ体験に関して、前回はスイッチの紹介を中心に、今回はスイッチの適合を中心に行います。多くの方々のご参加をお待ちしております。

開催日時 2018年2月3日(土)
<第1部> 13:15〜13:45(受付:12:45〜)
<第2部> 14:00〜16:00(受付:13:45〜)
会場 江東区亀戸文化センター 6F 第2会議室
東京都江東区亀戸2丁目19番1号 カメリアプラザ 6F
プログラム 重度障害者用意思伝達装置「伝の心(でんのしん)」の基本操作III
<第1部>
13:15 〜 13:45 伝の心基本操作のご説明
<第2部>
14:00 〜 15:00 スイッチの適合について
15:00 〜 16:00 伝の心スイッチ操作体験(スイッチの設定)
16:00 〜 16:30 交流会(自由参加) 
対象者 どなたでもご参加いただけます。
定員 申し込み受け付けを終了しました。
参加費 無料
お申込方法 お名前・参加人数・ご連絡先を添えて、1月31日(水)までに伝の心担当宛てにファックスまたはメールでお申し込みください。
Fax:047-472-6551    Email:
* <第1部>、<第2部>のみ、または両方参加の旨お書き添えください。
* 車椅子にてご来場予定の方は、その旨お書き添えください。
詳細
  • * 本件に関するお問い合わせはFax:047-472-6551またはEmail:でお願いします。
  • * お申し込みや問い合わせをいただく前に、当社「個人情報保護方針」をご一読いただき、当社の個人情報の取扱にご同意いただいた上で、ご送信いただきますようお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

今後の予定(2017年度年間スケジュール)

 各回、約1か月前から募集を開始いたします。何れも募集人数は20名、参加費は無料となっております。興味のある方はどなたでも、どの回でも、何回でもご参加いただけます。
 どの回も最初に「伝の心」の基本操作を簡単にご説明いたしますので、どの回に参加されても大丈夫です。
 また、「伝の心」以外のコミュニケーション支援機器や関連機器のご紹介も随時行っていく予定です。

  開催日 主な内容 会場
第1回 2017年4月12日(水) 基本と応用編I(日常使用文について)
* 終了しました。
(株)日立ケーイーシステムズ
東京オフィス 6F 第1会議室
第2回 2017年6月3日(土) 基本操作I(スイッチ体験I)
* 終了しました。
江東区亀戸文化センター
6F 第2会議室
第3回 2017年8月9日(水) 基本操作II(文書作成)
* 終了しました。
(株)日立ケーイーシステムズ
東京オフィス 6F 第1会議室
第4回 2017年10月25日(水) 基本と応用編II(一発メールについて)
* 終了しました。
日本マイクロソフト(株)
品川オフィス
第5回 2017年12月20日(水) 基本と応用編III(各種設定と音声合成辞書)
* 終了しました。
(株)日立ケーイーシステムズ
東京オフィス 6F 第1会議室
第6回 2018年2月3日(土) 基本操作III(スイッチ体験II) 江東区亀戸文化センター
6F 第2会議室
  • * 予定(2017年度年間スケジュール)は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください。

臨時開催の予定

 定期開催は関東地区で行わせていただきますが、「伝の心」は全国でご利用いただいておりますので、関東地区以外でも開催していく予定です。
 定期開催と同様に、各回、約1か月前から募集を開始いたします。何れも募集人数は20名、参加費は無料となっております。興味のある方はどなたでも、どの回でも、何回でもご参加いただけます。
 「伝の心」以外のコミュニケーション支援機器や関連機器のご紹介も、同様に随時行っていく予定です。