本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

適用分野

 Learn By Action(体験による学習)をコンセプトに四輪運転シミュレータ、運転操作検査器を取り扱っています。
 自動車教習所(免許取得用、高齢者講習用)、運転免許センター(法令講習用)だけでなく損害保険会社、トラック、バス、タクシー会社、交通安全教育カリキュラムをもつ民間企業、研究機関等に幅広くご利用いただいています。

  1. 運転適性検査( Gマーク、「SAFETY BUS」等の認定要件用および危険予知トレーニングをはじめとする交通安全教育用 )
    • ACM300     シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器
                       (運転適性検査機能+シミュレータ機能)
    • ACM200    可搬型運転検査器(運転適性検査機能)

  2. 高齢者講習用( 警察庁認証(第10−5号) )
    • AC110-L    運転操作検査器

  3. 処分者講習用( 違反者講習・停止処分者講習・取消処分者講習用 )
    • AM1300     集合教育用四輪運転シミュレータ(1画面)
    • AC110-L    運転操作検査器

適用場所

型式 自動車
教習所
運転免許
センター
損害保険
会社
運輸会社
交通安全
協会
警察本部
研究
開発用
Gマーク
SAFETY
BUS
認定用
ACM300
ACM300 シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器
   
ACM200
ACM200 可搬型運転操作検査器ACM200 可搬型運転操作検査器ACM200 可搬型運転操作検査器ACM200 可搬型運転操作検査器
   
AM1300
AM1300 1画面シミュレータ
   
AC110-L
AC110-L 運転操作検査器

製品の歴史

1990( 平2 )年 ドライビングシミュレータ専門メーカとしてタスクネット株式会社を設立
1992( 平4 )年 集合教育用四輪運転シミュレータ( 1画面:DS1110 )を開発
1993( 平5 )年 教育、教習用四輪運転シミュレータ( 3画面:AM2330 )を開発
1994( 平6 )年 国家公安委員会より教育、教習用四輪運転シミュレータ( 3画面:AM2330 )の型式認定を取得
1997( 平9 )年 運転操作検査器( AC110 )を開発
2001( 平13 )年 教育、教習用四輪運転シミュレータ( 3画面:AM2330 )用「二種教習ソフト」の開発
2002( 平14 )年 国家公安委員会より教育、教習用四輪運転シミュレータ( 3画面:AM2330 )の二種教習用認定を取得
運転操作検査器( AC110-M )を開発
2003( 平15 )年 集合教育用四輪運転シミュレータ( 1画面:AM1200-M )を開発
2006( 平18 )年 可搬型運転操作検査器( ACM200 )を開発
2008( 平20 )年 (株)日立ケーイーシステムズの株式取得によるタスクネット(株)の子会社化
2009( 平21 )年 (株)日立ケーイーシステムズへタスクネット(株)を合併
集合教育用四輪運転シミュレータ( 1画面:AM1300 )を開発
2010( 平22 )年 運転操作検査器( AC110-L )を開発
2011( 平23 )年 教育、教習用四輪運転シミュレータ( 3画面:AM3300 )を開発
2011( 平23 )年 国家公安委員会より教育、教習用四輪運転シミュレータ( 3画面:AM3300 )の型式認定を取得
2014( 平26 )年 業界初、運転適性検査および危険予知トレーニング(KYT)用シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器( ACM300 )を開発

関連リンク

  • AM1300
    集合教育用四輪運転シミュレータ(1画面)
  • AC110-L
    運転操作検査器
  • ACM200
    可搬型運転操作検査器
  • ACM300
    シミュレータ機能搭載
    可搬型運転操作検査器
  • 活用事例