本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

 バーコードの検品で欠品や誤出荷を防止します 。

  1. 入出荷検品システムは、商品のバーコードを読み込むだけの簡単な操作で、正確な検品が行えるシステムです。
  2. 本システムを導入することにより、誤入荷や誤出荷を大幅に低減できます。
  3. 商品知識の浅い初心者の方でも正確な検品作業が行えます。

システム構築の背景

 従来の検品は、出荷伝票と商品を目視で照合していたため、検品ミスが発生しやすく、特に類似した商品の検品には専門的な商品知識が必要でした。これらの背景から、入出荷精度の向上、出荷時間の大幅短縮、検品作業の軽減、作業コストの低減など、さまざまな効果を目指し、入出荷検品システムを構築しております。

システムの概要とポイント

システム機能

  • 入出荷する商品のバーコードを読み取り、商品の検品を行います。
  • 検品サーバーでは入出荷予定や検品実績が把握できます。
  • 欠品・誤納リストをプリントアウトすることができます。
  • 作業形態や商品形状にあわせ、POS型とハンディターミナル型の2種類のタイプを用意しています。
  • POS型検品システムでは、バーコードの読み取り結果を音声で知らせる「音声メッセージ機能」があります。また、バーコードスキャナは、タッチ式と固定式の2タイプを選択して(または同時に)使用できます。
  • POS型検品システムでは、タッチパネル情報端末によるバッテリー運用も可能で、ピーク時などに合わせた自由なレイアウト変更や、ピッキングカートによる検品などに対応できます。
  • ハンディターミナル型検品システムでは、無線タイプのハンディターミナルを採用しており、作業場所から直接サーバーとの通信が可能になりますので、作業効率が大幅にアップします。 また、携帯プリンタとの組み合わせで、その場でバーコードラベルや差異リストの発行なども可能です。
  • 不慣れな作業者でも簡単に操作することができます。

概略システム構成

概略システム構成画像

システム設計上のポイント

 POS型検品システムでは、タッチパネル情報端末(PN1)を採用しております。PN1は以下の特長があります。

  • SSDモデルをラインナップ
    振動や衝撃に弱いHDDの代わりにSSDを搭載したモデルをラインナップ。
    振動や衝撃による故障が心配な場所でのご利用に最適です。
  • ハンディターミナルは各社の採用実績があります。
    (フルノシステムズ社製、カシオ社製、キーエンス社製など)
  • PN1以外のタッチパネル情報端末でもご利用いただけます。
    タッチパネル情報端末のラインナップはこちら

導入効果

グラフ

効果の主な要因
・目視から機械によるチェックへの変更で効率アップ
   →入出荷検品要員のカット
・誤入荷や誤出荷が減ることで、作業ロスも減らせます
   →作業精度アップによる作業コストの低減
・誰にでも正確な検品作業が行えます
   →出荷検品要員の低コスト化

システム応用例

  • 商品賃貸情報や保有商品の管理を行うレンタルシステム。
  • 個人情報をバーコード化することにより、セキュリティーを目的とした入退室管理システム。
  • バーコードの代わりに2次元コード(QRコード)やICタグを利用した入出荷検品システム。