本文へジャンプ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

 値札/ラベル発行作業の業務効率向上をサポート!
 センターで発行指示情報、発行実績を集中管理、ラベルのレイアウトを一元管理する値札/ラベル発行システム!
 1,000種類以上の値札フォーマットを集中管理。
 フォーマットの変更は、ユーザ側で自由に行うことができます。

システム構築の背景

 アパレルメーカのR社様では、量販店や百貨店へ納品する際に必要となる、多品種の値札やラベル(物流ラベル、SCMラベルなど)の発行について次のような問題がありました。

  1. 値札は、納入先単位に異なり、下げ札/はり札/セール札など種類が多い上、品番/色/サイズ/売価など値札やラベルに印字する内容も複雑なため、発行業務に多大な人手を要し、ベテラン作業員のノウハウに頼った作業となっていました。また発行作業に多くの時間がかかっていました。
  2. ネットワーク、LANへの対応ができていなかったため全国各地の拠点で発行指示情報、発行実績情報の集中管理および値札、ラベルのレイアウトの一元管理ができていなかった。

 R社様ではこれらの問題点を解決すべく

  1. 値札/ラベル発行工数の低減と発行の高速化
  2. 値札/ラベル発行の集中管理、一元管理の実現

を目標に値札/ラベル発行システムの構築を、弊社に依頼されました。

システムの概要とポイント

概略システム構成

 本事例では値札を発行する拠点が複数点在していたためWEB方式のシステム構成としました。

概略システム構成イメージ

  • インターネット、イントラネット経由で、複数拠点で値札発行が可能です。
  • レイアウトの管理は、本部で一元管理が可能なため、煩雑な管理は不要です。
  • レイアウトの作成/変更が簡単な操作で行うことができます。
  • バーコードやロゴをプリントアウトすることもできます。
  • 発行実績を履歴化して管理しているため、毎月の値札発行枚数の把握が可能です。

    (注)当社では、30拠点で使用する、WEB方式型のシステム構築事例がございます。


システム機能

 本システムは、上位システムからの出荷指示情報(値札発行用データ)を格納・管理するDBサーバと値札やラベルを発行するパソコン(値札発行端末)で構成されます。値札/ラベルのレイアウトはDBサーバで一元管理します。

機能 使用機器 主な機能
データインターフェース DBサーバ 上位システムから値札発行用データを受信し管理します
レイアウト管理 DBサーバ 値札/ラベルのレイアウトを一元管理します
発行プレビュー 値札発行端末 発行する前に、印字内容を画面上で確認できます
発行指示 値札発行端末 値札/ラベルの発行指示を入力します
発行データ訂正 値札発行端末 上位から受信したデータの訂正を行うことができます
発行予定確認 値札発行端末 納品日別、納品先別に値札の発行予定が確認できます
発行実績確認 値札発行端末 納品日別、納品先別に値札の発行実績が確認できます
発行実績リスト発行 値札発行端末 発行実績を帳票出力できます
値札発行管理(※) WEBサーバ 専用の値札発行端末が不要となり、WEBアプリケーションとして、値札発行端末の機能を提供します
WEB方式型のシステムの場合

システム設計上のポイント

  • 値札/ラベルの発行指示画面は、ユーザの運用に合わせてカスタマイズができます。
  • 値札のフォーマットが変更になる場合にも、簡単に修正することができます。
  • 基幹システムとのインターフェース部分は、ユーザ毎にカスタマイズすることにより、各種システムと連動することができます。

特長

  1. 受注システム等の上位システムから、出荷指示情報を本システムに取り込むことにより、発行指示から発行実績までを集中管理します。
  2. 使いやすい発行指示画面から、納入先と伝票番号等を選択入力するだけで、誰にでも簡単に自動発行することができ、発行作業の高速化や省力化を図ります。
  3. フォーマットの変更は、ユーザ側で自由に行うことができます。
  4. 全国に拠点がある場合でも、発行指示情報や発行実績情報を集中管理し、値札/ラベルのレイアウトも一元管理します。

導入効果

グラフ

効果の主な要因
・専任の担当者でなくても作業できるようになります。
・上位データと連携することにより、
   値札の付け間違いなどを防止することが可能です。

システム応用例

  • 値札やラベルのフォーマットは追加修正可能ですので、あらゆる業種(メーカ/問屋)へ適用が可能です。
  • 現在注目を浴びている、【電子タグ】への適用が可能です。
  • 物流センタでの入荷ラベルなどの印字、発行実績の収集も可能です。

簡易版値札/ラベル発行システムのご紹介

 値札を発行する拠点数が少ない場合に適した、クライアント/サーバ方式の構成でシステム構築することも可能です。

簡易版値札/ラベル発行システム

  • 値札の発行規模(枚数)に合わせ、システム構成を柔軟に導入することが可能です。PC1台+プリンタ1台の小規模から、クライアントPC数十台+プリンタ〜100台規模で使用可能です。
  • 出荷指図書などの帳票に伝票番号のバーコードを印字し、バーコードリーダで読み込むことにより、伝票番号単位の発行指示入力を簡略化することができます。

関連リンク