閉じる 日立ケーイーシステムズ
伝の心

2009.05.07

「伝の心V」のInternet Explorer 8対応について


 Microsoft® Internet Explorer 8(以下、IE8と略します)の対応についてお知らせします。

 IE8は従来よりもブラウザとしてのパフォーマンスが向上しています。新機能として、お気に入りバーに保存したサイトの更新情報を随時確認できる「Web スライス」や、MSNサイト内のテキストから道順や語句の翻訳/定義などの検索や、オンラインショッピングが行える「アクセラレータ」などが追加されています。
 また、セキュリティや信頼性の改善も行い、詐欺サイトや悪意のあるサイトによる個人情報の悪用からユーザーを保護する「SmartScreen フィルター」や閲覧履歴や一時ファイル、Cookie、ユーザー名/パスワードなどを保存せずにブラウジングが可能な「InPrivateブラウズ」などが追加されています。詳細は、次のURLをご覧ください。

 http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/function/default.mspx

 現在、「伝の心V」の、IE8適用環境下での動作は影響を受けることが分かっています。今後IE8への対応するように開発を進めてまいりますので、それまではIE8のご利用(インストール)を差し控えていただくよう、ご協力をお願い致します。
 なお、対応開始のお知らせは、ご覧のホームページに掲載させていただきます。
 また、従来版「伝の心」は、IE8適用環境下で影響を受けることはありません。
 下記、詳細を記載しますので、合わせてご確認ください。



伝の心(Ver.04-90)以前詳細
 

 「伝の心(Ver.04-90)」の「伝の心」をご使用のお客様は、特に影響は受けません。ただし、「伝の心(Ver.04-10)」より前の「伝の心」をご使用のお客様は、OSが対応しておりません。

 「伝の心」では、工場出荷環境下で動作確認を致しております。このため、ご購入後、お客様のご利用環境、例えばお客様ご購入のソフトウェアやドライバをインストールした場合は、その動作を保証するものではありません。
 お客様の「伝の心」のシステム環境等をご確認いただき、上記URLのサイトでシステム要件等をご確認ください。



伝の心(Ver.05-00)以降詳細
 

 「伝の心(Ver.05-00)〜(Ver.05-22)」をご使用のお客様は、「ブラウザ操作」機能に影響を受けます。IE8のご利用(インストール)を差し控えていただくよう、ご協力をお願い致します。

 「次頁」「前頁」「ホーム」などの頁移動や、「タブ切替」などの画面切替ができなくなったり、印刷ができなくなったりする現象が確認されています。
 また、「ブラウザ操作」起動時に、「直前のセッションが予期せず終了しました。」というメッセージが表示されることがあります。このメッセージの表示は、スイッチ操作では閉じることができず、メッセージを閉じないとIE8の操作ができません。

 以上の現象より、大変申し訳ありませんが、IE8のご利用(インストール)は、IE8への対応ができるまで差し控えていただくよう、ご協力をお願い致します。