ホーム > 製品情報 >  伝の心 > 機能・特徴その1 日立ケーイーシステムズ
 伝の心 Ver04.90以前
概要 機能・特徴 システム構成 よくある質問 トラブルシュート

機能・特徴その1 機能・特徴その2 機能・特徴その3 機能・特徴その4
掲載の機種/モデルは、販売終了致しました。
  機能・特徴   もどる


電子メールを送ることができます。
 


電子メールを送ることができます。


遠方の家族や友人ともコミュニケーションを図れるようメール機能を搭載。これまで同様、扱いやすい操作環境を提供し、操作アイコン上を自動的に動くカーソルが「メール作成」や「メール開封」などに来たときに、身体の一部を動かすことで目的の操作を行うことができます。文字表示も大きくしており、リラックスして操作可能。送られてきたメールアドレスはそのまま登録でき、そのつど入力する必要はありません。さらに、メール文章にワンタッチで住所や氏名を署名できる機能もサポート。この他、患者さんが一人になったときでも安心できるように、携帯電話やPHSへのメール送信機能も支援しています。

  
一発メール送信ができます。
  
 
一発メール送信ができます。

標準機能に加えて、ひらがな文字盤内にある  ボタンを選択するだけでメールを送信できる一発メール送信機能を搭載。アドレス帳に登録されている宛先のうち1件を一発メール送信宛先として登録できます。

 




インターネットを利用できます。
 


インターネットを利用できます。


意思伝達装置としての機能を充実させることはもちろん、患者さんの生活の質を向上する機能をサポートしています。その代表がインターネット機能です。患者さんはそれぞれ、目的にかなった用途でインターネットを利用することができます。患者さんの気持ちを伝える基本機能やメール機能と同じく、動くカーソルをセンサーで操作・決定していくことで、全世界のホームページが閲覧可能です。操作アイコンの大きさにも配慮し、さらにホームページアドレスの登録機能なども実現することで、患者さんの操作負担を低減します。
また、ホームページ上にある小さな文字が読みにくい場合のために、マウスポインタ マウスポインタ の位置する文字列を音声で読み上げる機能および画面拡大機能も搭載。インターネットを楽しめるように配慮しています。
ページトップ
お問い合わせ 個人情報保護に関して

© Hitachi KE Systems, Ltd. 1996, . All rights reserved.