本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

検査代行サービスの概要

「電気用品安全法(PSE)」に基づく自主検査を代行して実施いたします。また、国内生産製品や輸入製品の受入検査をお客様に代行して実施いたします。

電気用品安全法(PSE)の自主検査代行サービス

電気用品の製造または輸入を行う事業者は、「電気用品安全法(PSE)」の規定により、電気用品安全法に則った手続きや検査を行った上で、電気用品にPSEマークの表示が義務付けられています。また、PSEマークを表示するためには、電気用品安全法に定められた検査方式により全数検査を行い、検査記録を作成し、これを検査の日から3年間保存する必要があります。(電気用品安全法第8条第2項)この全数検査が「自主検査」であり、電気用品を販売するまでに必ず行う必要があります。(抜取検査は「自主検査」に該当しません)
輸入製品の場合は、海外の製造事業者に頼んで全数検査が必要となり、検査方法、判定基準、検査結果を記録した検査記録の取得・保管が必要になります。しかしながら、輸入製品の場合は、製造事業者が自主検査を行っていない場合や、検査記録に不備がある場合、製造事業者より検査記録の入手が困難な場合があります。この場合は輸入事業者が自主検査を行う必要があります。製造事業者や輸入事業者に代わり、弊社が自主検査を代行いたします。

自主検査の内容

検査項目 内容
外観検査 外観に異常がないことを、目視により検査します。
絶縁耐力検査 対象機器に既定の電圧を印加し、絶縁不良がないか検査します。
通電検査 対象機器に電源電圧を印加し、機能・動作を検査します。
*

対象は特定電気用品以外の電気用品となります。電気用品安全法第8条第2項に従い代行検査を実施します。技術基準に適合されている製品が対象となります。
弊社では実施できない場合もございますので、詳細については、お問い合わせください。

絶縁耐力試験器

絶縁耐力試験器

自主検査の一例 (電気用品安全法第8条第2項)

品種 品名 検査内容
小型家電品 ACアダプタ 外観検査、絶縁耐力検査、通電検査
AC電源対応家電品 外観検査、絶縁耐力検査、通電検査
ノートPC/モニター ACアダプタ 外観検査、絶縁耐力検査、通電検査
小型電動ツール ACアダプタ 外観検査、絶縁耐力検査、通電検査
バッテリー 外観検査、出力電圧

受入検査代行サービス

国内生産製品や輸入製品の出荷前に製品の受入検査をお客様に代行して実施いたします。受入検査による「適合」か「不適合」かの判断を行い、結果をレポート報告いたします。検査方法や検査内容はお客様の要望によりご対応いたします。

受入検査の内容

検査分類 検査項目
信頼性検査 ・機能動作検査
・連続動作検査
性能検査 ・機能測定検査
・消費電流測定検査
安全性検査 ・絶縁抵抗検査
・絶縁耐圧検査

専門性を有する部品の受け入れ検査も代行いたします。

受入検査(部品)の一例

品種 検査分類 検査内容
ボード ヒートラン試験 高温・低温ヒートラン検査
波形測定検査 USB・LANなどのI/Fの波形測定検査
電源ユニット ヒートラン試験 高温・低温ヒートラン検査
耐電圧検査 耐電圧印加検査
バッテリー 充放電検査 小型リチウムイオン電池の充放電検査(特性検査)