本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

心たっちII:機能・特徴

身体の不自由な方のためのコミュニケーション支援機器

簡単操作

コミュニケーション機器が初めての方に最適な入門機です。

電源ボタン押下で、前回終了時の機能までを自動起動します。

電源ボタン押下で、前回終了時の機能までを自動起動

会話

「会話」では入力したい文字をタッチして、編集領域に文字を入力していきます。

「会話」タッチして文章を作成

iconボタンをタッチすると、入力した文字を読み上げます。
読み上げが終わると、自動的に文字盤に戻ります。

読み上げが終わると、自動的に文字盤に戻ります

日常使用文

重度障害者用意思伝達装置「伝の心」と同じ「日常使用文」を搭載しています。
あらかじめ登録しておいた文章を読み上げるので、コミュニケーションがスピーディです。

「日常使用」素早く意思を伝達

小型・軽量・堅牢性

小型・軽量、持ち運びが簡単なのに、防塵・防滴などの堅牢性も兼ね備えています。

  • 質量:約750g
  • 防塵・防滴設計(IEC規格IP54準拠)、堅牢設計(MIL-STD-810G準拠)
  • 約8時間のバッテリー駆動可能。薄型タブレットなのに、バッテリー交換可能。

外観寸法図

シンプルな機能と快適な操作性

機能を絞って、直感的操作で意思伝達がすぐに行えるようにしました。

「会話」「日常使用文」「リモコン操作」*に機能を特化し、操作を単純化しました。
機能の切り替え・終了(電源断)はどこからでも行えます。また、次回起動時は前回終了時の機能からはじまります。

「会話」「日常使用文」「リモコン操作」に機能を特化

*「リモコン」はオプションのリモコンセットを接続して使用します。

操作を誤って、システムが壊れてしまっても、電源の再投入で元に戻ります。

機器の操作に不慣れだと、誤って操作不能にしてしまったり、ウイルス感染させてしまったりすることがあります。そんな時は電源の再投入(電源を一度OFFにして再度ONにする)をすることによって、元に戻ります。
システム装置は、「心たっちII」の設定のみを保持しながら、電源ONの度にご購入時の状態に戻るからです。

機能の拡張性

オプション機器を使って、操作性を広げていくことができます。

リモコンセット

「リモコン操作」が可能になります。
必要なドライバーやリモコンデータはシステム装置に既に入っていますので、繋げるだけで使用できます。

リモコン操作イメージ

プリンターセット

「会話」で表示されている文章の印刷ができます。
プリンタードライバーはシステム装置に既に入っていますので、繋げるだけで使用できます。

「会話」で表示されている文章の印刷

スイッチインターフェースセット(なんでもスイッチUSBプラスセット)

接続するとスキャン方式での操作が可能になります。

スイッチインターフェースセット(なんでもスイッチUSBプラスセット)イメージ

外部出力機能もあるので、呼び鈴やチャイムを鳴らすことも可能です。

呼び鈴やチャイムを鳴らすイメージ

「呼音」ボタンと連動した出力や、スイッチ入力の方法(長押し・3回連続押し)での出力と、出力の方法も用途に合わせて選択可能です。

*外部出力の仕様は「仕様―オプション仕様―スイッチインターフェースセット」を参照ください。

関連リンク

  • 伝の心
    重度障害者用意思伝達装置