本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

食品業界向け製造管理システム

概 要

 株式会社日立ケーイーシステムズの食品製造業界におけるシステム構築ノウハウを最大限に生かしたシステムを提供させていただきます。
 現場運用とシステムのマッチングを第一に考えます。現場で使えるシステムでなければシステム投資も無駄になります。

  1. 現運用分析からシステム移行時の導入支援まで幅広いサポート範囲。
  2. 現場における人手作業とIT化の切り分けの最適化。
  3. 工程別サブシステム構成による投資および運用面でのスモールスタートが可能。

導入の背景

 昨今の食品安全を重視した消費者からの要求に応えるために、清涼菓子製造メーカ殿が、製品の原材料まで遡及可能な食品製造管理システム導入を検討されておりました。
 導入にあたり、原材料種およびロットが多岐に渡る複雑さに対する考慮の他、ユーザの声を聞き取り、運用面・作業効率面にも十分な配慮を持ってシステム構築を行いました。

  1. 従来からの現場の運用や設備を極力変えたくない。
  2. 情報開示トレーサビリティ実績収集は必須であるが、そのために作業効率を落としたくない。
  3. 収集した実績を活用し現場状況の把握や作業ミス低減に繋げたい。
  4. 現場操作は誰にでも受け入れられるよう単純明快な操作オペレーションとして欲しい。

ご提供システムの特長

 株式会社日立ケーイーシステムズの食品製造業界におけるシステム構築ノウハウを最大限に生かしたシステムを提供します。

システムの特長画像

システム構成

システム構成画像

導入効果

 本システムの導入により下記の効果を得ることができました。

  1. 原材料・製造進捗・製品出来高のリアルタイムな実績把握により、工場の「見える化」が実現し現場指示が迅速に行えるようになりました。
    →工場の「見える化」と原材料まで遡及可能なシステムの実現。
  2. 原材料・製品識別作業が機械化されたため、現場担当者がレシピなどの詳しい情報を気にせずに操業することが可能になりました。
  3. IT機器を採用した各工程では、画面表示された指示により現場作業が標準化され、段取り・品違い等の作業ミスが低減されました。
    →人手作業とIT化の最適分担による作業の標準化