本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

見える化の第一歩。設備の稼働データを集めて現状把握。

見える化に向けて

Phase1:「つなぐ」「あつめる」
ポン付けするだけ。プログラムレスでデータ収集を実現します。

実績収集4つのステップ

  1. 現場へ設置
  2. ネットワークへ接続
  3. 収集するデータをピックアップ
  4. データ取得開始

実績収集4つのステップ画像

Phase2:「みえる」「しらべる」
データ分析までの実現例

データ分析までの実現例画像

IoTGW管理サービス
顧客管理下にあるIoTGWの遠隔管理セキュリティの維持とソフトウェアの監視や保守を遠隔サービスで提供
WORKFRONT/eq(設備保守サポートパッケージ)
設備台帳、保全計画などを現場機器のデータ収集と連携させて管理現場データの見える化も可能
IoTスターターキット
現場機器との接続ツールを提供して即時にデータ収集を開始

導入事例

業種 課題 提案概要
ゴムパッキン製造業 品質向上、稼働率向上
  • 設備稼働データ収集
  • 分析用ファイル作成
金属加工業 製品サイズの均一化、品質向上、
不良品発生時の対応コスト削減
  • 改善に向けた現状把握
  • データ取集の仕掛け作り
水産加工業 作業効率と精度向上
(手書きの電子化)
  • 手書帳票電子化
  • 装置稼働データ収集
食品製造 設備保全の導入
  • 稼働データ収集
  • 現状稼働状況把握
機械製造業 品質向上、稼働率向上
  • 機器稼働データ収集
  • 機器稼働状況の見える化

お問い合わせ

協創含む案件対応支援のお問い合わせはこちらから。
*内容により適宜アドバイザリーチームが対応します。

IoTサービス