本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

HACCP温度管理・監視システム

温度管理で心配はありませんか?

HACCP温度管理・監視システム

「現場の課題・問題点」を解消します。

温度情報の自動収集、記録データの一元管理、タッチパネル使用による衛生点検入力の簡素化できます。
異常のリアルタイム検出、即時携帯メールへの通知。
温度計とは無線で通信するので厨房設備の移転、増設が簡単に行えます。
「大量調理施設衛生管理マニュアル」に準拠した衛生管理体制の確立、帳票が作成できることにより、厨房のHACCPを実現できます。

このような場所の温度情報を監視できます。

イメージ画像

導入事例のご紹介

イメージ画像

◆ 病院厨房

個人・厨房の各種衛生管理+受入材料温度+倉庫内温度+加熱処理温度
→作業員の衛生管理および温度管理を行うことにより提供品の安全管理を実現。

◆ セントラルキッチン

個人・厨房の各種衛生管理+受入材料温度+倉庫内温度+加熱処理温度+配送温度管理
→顧客管理(献立システム)と連携。厨房機器とも連携し総合的な安心・安全管理を実現。

◆ 社員食堂

個人・厨房の各種衛生管理+受入材料温度+倉庫内温度+加熱処理温度+配送温度管理
→顧客管理(献立システム)と連携。30施設の情報管理を実現。

◆ 福祉施設

倉庫内温度+加熱処理温度
→作業員の衛生管理および温度管理を行うことにより提供品の安全管理を実現。

◆ ホテル厨房

受入材料温度+倉庫内温度+加熱処理温度
→取引が多い食材温度管理から加熱料理の温度管理をシステム化=品質管理を実現。

◆ お弁当工場

個人・厨房の各種衛生管理+受入材料温度+倉庫内温度+加熱処理温度
→製造計画、お弁当の盛り付けイメージ共有、ラベル印字+製造ラインのシステム化を実現。

◆ お菓子工業

個人・厨房の各種衛生管理+受入材料温度+倉庫内温度+加熱処理温度
→お菓子の中心温度をリアルタイム管理で、製造の見える化=製品安定化を実現。

◆ 練り製品工業

庫内温度
→ PLCシーケンサ経由で、温度データおよび工場ラインの設備情報を収集=製品安定化を実現。

システム構成例

キッチン安心食の標準システムにおいて使用するハードウェアは最小構成の場合、下記のとおりです。

【事務所の場合】

  • 管理用パソコン:管理者が衛生状況を管理・確認します。
  • プリンタ:管理記録の出力をします。
  • 無線LANアクセスポイント:携帯端末との無線通信用機器です。

【厨房現場】

  • 携帯端末(タッチパネル):現場担当者が衛生管理データなどを入力するため使います。
  • 無線式温湿度計:厨房内の温湿度を計測し、無線で管理用パソコンに記録します。(自動)
  • 中心温度計:食品の中心温度を測定し、無線で管理用パソコンに記録します。

キッチン安心食の全体概要

よくあるご質問

Q1.販売実績教えてください

セントラルキッチン、社員食堂、弁当工場など30箇所以上でご利用いただいております。

Q2.既設にシステム導入したいのですが、工事費はどれ位かかるのでしょうか?

厨房内の温度計は無線通信のため、機器間の配線や取付工事費が不要です。(注1)
注1:温度計の取付け方法によっては有料になります。

Q3.無線の電波が届くか心配です…

厨房の図面を送っていただければ、標準到達距離から弊社で判断いたします。(注2)
注2:最終的には、現地で電波確認をして決定させていただきます。

Q4.予算レベルに合わせたシステム構築が可能ですか?

標準システムの構成から、追加機器やオプション機能を自由に選択いただけますので、ご予算を提示いただければ最適なシステムプランをご提案いたします。

Q5.どんなオプションがありますか?

  • お客様のシステムとデータを連携できます(献立情報や原材料の発注情報など)。
  • 温度などの上下限異常が発生した場合、厨房などの表示灯に警告表示ができます。
  • 温度などの上下限異常が発生した場合、メール通報できます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止への活用「健康チェックシステム」

安心食の衛生点検記録管理機能を活用し、従業員の健康状態記録を電子化、集計負担の軽減や記録の正確性向上を実現します。

現場での確認

カタログ

  • * 記載されている内容は予告なしに変更する場合があります。