本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

建設機材レンタルプラットフォーム ( CER Space : Construction Equipment Rental Space )

建設会社とレンタル会社をつなぐプラットフォームを提供します

CER Spaceについて

建設機材を業界で横断的に手配・管理できるプラットフォーム(PF)を構築、企業間に跨った建設機材レンタル業務の最適化を提案します。

イメージ画像

サービス内容

サービス内容

建設会社様(ユーザー)の導入効果

◆ 複数のレンタル会社に同時に見積依頼可能

 「CER Space」を利用することにより、登録頂いている複数のレンタル会社様へ見積依頼を同報依頼することが可能になります。

◆ 見積回答は電子データで受け取り可能。見積比較検討業務の効率向上

「CER Space」を利用することで、すべての見積回答を電子データで受取ります。
電子データを用いて比較することで、複数社からの見積比較検討の効率が向上します。

◆ 電話・打合せに関する工数削減

「CER Space」を利用することで、電話での聞き間違い、言い間違い等の人的ミスや営業担者不在による対応遅延を減らし、正確・迅速に引合対応することができるので、サービス品質の向上が見込めます。

◆ システムの活用による生産性向上

コロナ禍でのテレワーク推進に効果があります。働き方改革に貢献していきます。

レンタル会社様(出店者)の導入効果

◆登録費用は無料

利用申込み・契約をしていただくことで登録・ご利用が可能になります。
システムの利用費用は「成果報酬型」になります。

◆引合・受注機会の拡大

CER Spaceに登録することで、見積機会(相見積)獲得増、お取引のなかったレンタルユーザー様からの引合・受注機会の拡大が見込めます。

◆ 正確かつ迅速な引合対応

従来、営業担当者様が電話等で個別対応していた引合を、Webで対応でき、その情報を例えば営業所内メンバー間で共有が可能です。電話での聞き間違い、言い間違い等の人的ミスや営業担当者不在による対応遅延を減らし、正確・迅速に引合対応することができるので、サービス品質の向上が見込めます。

◆ マーケティングへの活用

レンタルユーザー様とのやりとりがデータとして記録されるため、貸出機材の傾向や稼働状況等の蓄積データをマーケティング材料として活用いただくことが可能です。(過去の実績データの出力が参照可能です。)

◆ システムの活用による生産性向上

コロナ禍でのテレワーク推進に効果があります。働き方改革に貢献していきます。

  • * 2020年12月1日現在の情報です。製品仕様については予告なく変更することがあります。

カタログ

  • * 記載されている内容は予告なしに変更する場合があります。

「建設機材レンタルプラットフォーム」のカタログをダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。