本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

集合教育用四輪運転シミュレータ(1画面)

ACCESS MASTER AM1300

概要

AM1300

AM1300ドライビングシミュレータは全国の運転免許センターをはじめ、交通安全教育機関、損害保険会社等で幅広くご活用いただいております。

 受講者にリアルな体験を分かりやすく伝えられること。指導の現場に求められる教材が提供できること。すべては「Learn by Action」、体験による学習のために。AM1300は、リアルなCG映像はもちろん、実写映像や機能・教材を充実したドライビングシミュレータです。

特徴

酔い抑制体感装置搭載

 シミュレータ酔いの軽減とリアルな体感向上のための体感装置を標準装備しています。本装置は運転走行時のアクセル操作やブレーキ操作、さらに運転状況に応じた振動が運転席そしてハンドル部から発生し、酔いの抑制とリアリティの向上を実現しています。
(ハンドル部の体感装置はオプションです。)


A T / M T シフト切替え機構

 オートマチック/マニュアルの切替は受講者自身で簡単に行えます。

A T / M T シフト切替え機構


明確な表示

バックミラー、(左右)サイドミラーの同時表示/字幕(テロップ)機能

  1. バックミラー、(左右)サイドミラーの同時表示
    運転画面に豊富な情報を表示していますので、特に左右の安全確認が容易となり運転教育に最適です。また、速度計等も画面の中に表示されています。
  2. 字幕(テロップ)機能
    聴覚に障がいのある方や、音声が聞き取りにくい方のために、音声ガイダンスと同じ内容を、運転席前面に字幕で表示します。

リアルな画像

霧の状況に於ける学習体験が可能です。

様々な状況を想定した臨場感のあるシーン
 昼間・夜間・雨・霧・雪・曇などの状況に於ける学習体験が可能です。

雨・夜間の状況に於ける学習体験が可能です。

その場ですぐに見られる自動プレイバック、「振り返り学習」

 運転体験後、事故の運転状況を自動的にプレイバックするほか、運転体験時の状況を録画し、それを再生することで、受講者は自分自身の運転状況をより現実感の高い実写画像を用いて「振り返り学習」することができます。
 コンピュータグラフィックス画面においては再生時の視点を、「自車」、「俯瞰」、「追従」、「対向車」、「先行車」、「後続車」、「二輪車」、「子供」等に切り替えて確認することができます。

その場ですぐに見られる自動プレイバック、「振り返り学習」


7ヶ国語完全対応 : 音声・字幕( テロップ)・結果印刷

7ヶ国語完全対応 : 音声・字幕( テロップ)・結果印刷

  • 音声ガイダンス・字幕
    日本語(字幕はルビ付)のほかに、韓国語、中国語(簡体字・繁体字)、ポルトガル語、英語、スペイン語に対応しています。
  • 運転結果の印字
    運転操作後にプリントアウトされる「運転適性診断票」も日本語のほか、それぞれの外国語に対応した言語で印刷されます。

多様なカリキュラムに対応する実用性の高い教材ソフト

 路上の潜在危険を実際に体感することで、受講者により強く訴える教材を揃えました。
 また、講習内容(時間)に合わせ、カスタム対応できます。

  内 容 コース
全長
危険
場面
注意
場面
危険を予測した運転 潜在危険や顕在危険を学ぶ。
潜在危険:見えていない危険。
顕在危険:見えている危険。
約5Km 10箇所 5箇所
危険を予測したコースI 潜在危険や顕在危険を学ぶ。
潜在危険:見えていない危険。
顕在危険:見えている危険。
約6.8Km 12箇所 5箇所
危険を予測したコースII
(中型車・大型車用)
潜在危険や顕在危険を学ぶ。
潜在危険:見えていない危険。
顕在危険:見えている危険。
約5.7Km 10箇所 5箇所
夜間の運転 夜間運転の危険性を学ぶ。 約5.4Km 15箇所
悪条件下での運転 様々な気象条件(曇り・降雨・晴れ・降雪・濃霧等)において運転体験を行う。 約8.0Km 17箇所
夜間視覚特性 夜間に障害物を発見してから車が停止するまでの距離を体験的に学ぶ。
運転操作検査 自動車の運転に影響を及ぼす加齢に伴う身体機能の低下を数値的に計測する。
・単純反応検査 ・選択反応検査 ・ハンドル操作検査
・注意配分/複数作業検査
飲酒運転防止教育 科学的で正しい知識を体験によって伝え、行動が伴う知識として学ぶ。
駐車違反防止教育 駐車違反が及ぼす迷惑や影響について運転体験を通じて学ぶ。
速度違反防止教育 速度オーバーによる危険を体験することで、適切な対応による安全運転を学ぶ。
乾燥路のほかに湿潤路や積雪路の路面条件でも行うことが可能。
実写安全運転教育 実写教材により、アクセル・ブレーキ・方向指示操作の状況を計測し判定する。(昼間・夜間の各15シーン)
中大型バック教材 障害物のある駐車場内をフリー走行し、バック走行や駐車、オーバーハングの影響等の危険を的確に予測し、危険を回避する運転行動を早めに選ぶことにより、安全確保ができることを学ぶ。

細かなニーズに対応できる充実のオプション

  • 中・大型ハンドル角度切替え機構中・大型ハンドル角度切替え機構
    ハンドルの角度とCG画像のカメラアングルを変更することにより、中・大型車のシミュレーションが選択できます。
  • ペアリング・複数車両干渉教材
    複数車の同時走行や、業務車と一般車のペアリング走行など同じコースを走行することができます。実際の路上走行ではシミュレーションが困難な、様々な状況に応じた教育ができます。

仕 様

概観 ( 運転席部 )

概観( 運転席部 )

諸元表

  中央処理装置部 運転席部/台
電源仕様 AC100V±10% 約1,500W AC100V±10% 約300W
1,800mm 790mm
高さ 1,160mm 1,490mm
奥行 800mm 1,276mm(突起部を含めた場合1,320mm)
重量 約170kg 約230kg
作動温度 10〜35℃
作動湿度 30〜80%(但し結露しないこと)

※:システム構成により多少異なります。

カタログダウンロード

  • * 記載されている内容は予告なしに変更する場合があります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

関連リンク