本文へジャンプ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器

ACM300

概 要

 運転適性検査(警察庁認証準拠)と本格的なシミュレータ機能を可搬型タイプで実現しています。
 シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器 ACM300はコストパフォーマンス・操作性に優れているほか、すべての機能に必要な機器類(プリンタ含む)を専用ケースひとつに収納できる小型・軽量のコンパクト設計ですので、設置・持ち運びに大変便利です。

 ACM300には運転に影響を及ぼす加齢に伴う身体機能、判断能力の低下を実際の運転行動を通して計測数値化する運転適性検査機能と危険予知トレーニング等で利用可能な市街地等を運転操作に近い感覚で運転し、隠れた危険、注意場面で認知、判断、操作を繰り返し体験評価できるシミュレータ機能が搭載されています。

シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器 ACM300


運転適性検査

画面に表示される刺激に対する反応検査を運転行動に近い形で実施し、反応の速さや正確さを計測します。
検査結果の印刷物はGマーク、「SAFETY BUS」の認定要件の一部として利用可能です。

危険予知訓練(KYT)

現実には体験の難しい危険場面の体験が可能です。危険場面を繰り返し体験し、危険予測の大切さを学びます。
夜間の走行や中大型車両の走行も可能です。(オプション)

普通車市街地

普通車市街地

普通車市街地(夜間)

普通車市街地(夜間)

中大型市街地

中大型市街地

飲酒体験(オプション)

普通の状態とアルコールの影響下で運転した場合(模擬飲酒状態)の二通りの状態を体験できます。
体験は「車間距離の維持」と「ハンドル操作」の二種類です。

運転能力検査(オプション)

ドライバーの認知・判断・運転操作能力等、運転に関わる総合的な診断を行う検査です。
時間の認識力や、短期記憶能力、空間把握能力を検査します。

運転適性検査2(オプション)

視野検査
 中心視野及び周辺視野における反応の速さや正確さの計測を行います。
ペダル踏み間違い体験(オプション)
 前進と後退の反応検査を行い、運転姿勢の違いによるペダル踏み間違いの発生について学びます。

シミュレータ教材は教習所、免許センター等で免許取得教育、法令講習等に用いられる教材に準拠したものを利用しています。

既存の様々な什器に設置可能

設置例

ハンドルはテーブルに固定可能です。
どこでも検査や体験を行うことができます。

* テーブルの形状によっては取付けできない場合があります。

コンパクトに収納でき持ち運びも容易

収納ボックス外観

必要な機器が1個にまとまり、輸送・保管が容易です。収納ボックスは宅配便で輸送可能です。
キャスターボードは製品に添付されていません。

運転適性検査・シミュレータの教材について

仕 様

項 目 仕 様 備 考
輸送形態 1個口で収納可能な専用ボックス  
モニタ 15.6インチ液晶ディスプレイ 解像度:1,360×768 dot
ステアリング 回転角度900°(左右450°)  
ペダル 2ペダル(アクセル、ブレーキ) ケーブル長:約2m、固定用板金付属
模擬信号機 赤、黄色、緑
約W100mm×D117mm×H281mm
ケーブル長 約5m
運転適性検査2(オプション)に付属
音声 ステレオスピーカ内蔵 ヘッドフォン装着可能
帳票 A4モノクロレーザ  
印字速度 約21頁/分  
最大給紙容 約250枚  
コンセント形状 3P 必要口数:
1、3P⇒2P変換アダプタ付き
電源 AC100V±10% 50/60Hz兼用
最大消費電力 約1,000W PC:約100W、
プリンタ: 約820W、
ハンドル:約20W
設置時必要寸法 約W800mm×D700mm 標準的な設置時の目安
約W300mm×D400mm(ペダルのみ)
約W300mm×D450mm(ペダル固定具利用時)
ペダル設置面積の目安
外形寸法 約 約W470mm×D475mm×H525mm ボックス収納時(キャスター含まず)
重量 約20kg(約24kg) ( )内は専用ケースを含んだ重量
動作環境
(動作時)
温度:10〜30℃、湿度:30〜80% 結露しないこと


カタログダウンロード

  • * 記載されている内容は予告なしに変更する場合があります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Inc.(アドビ株式会社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。

関連リンク