本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

2017年5月24日

株式会社 日立ケーイーシステムズ
取締役社長 千葉 宏

  • 当社は事業活動を通して「地球環境の保全と改善」に全社員で取り組んでいます。
  • 当社はISO14001規格(2002年6月26日 認証取得)にもとづいて、環境マネジメントシステムを展開し、環境負荷の低減と、環境貢献製品の普及に努めています。

環境方針

 (株)日立ケーイーシステムズは、日立グループの一員として、コンピュータソフトウェア、情報・制御システム、システム機器の開発、販売、保守及びエンジニアリングサービスなど、情報・制御に関連するソリューションを提供しています。

理 念

 (株)日立ケーイーシステムズは、地球環境保全が人類共通の重要課題の一つであるとの認識にたち、「緑豊かな地球環境を 子供たちに」をスローガンとして、環境の保全と改善に向けた活動を継続的に推進します。

方 針

 (株)日立ケーイーシステムズは、事業活動及び製品・サービス全般について、地球環境の保全に配慮して、以下の方針に基づいて環境マネジメントシステムを構築・運用・維持し、継続的改善に努めます。

  1. ISO14001規格に基づいた環境マネジメントシステムを構築・運用し、更なるシステムの継続的改善を図り、環境改善を推進していく。
  2. 当社が環境に影響を与える要因を十分認識し、環境側面に関する法令等を遵守し、地球環境の保全及び環境汚染の予防に努める。
  3. 当社の事業活動,製品,サービスなどが、環境に影響を及ぼす要因について環境影響評価を実施し、次の重点取組み項目に基づき環境目的を定め、積極的に推進していく。
    • (1)循環型社会構築のため、環境に配慮した製品づくりの推進。
    • (2)資源の有効利用のため、廃棄物の削減とリサイクル化の推進。
    • (3)地球温暖化防止のため、消費エネルギー削減の推進。
    • (4)生態系の保全のため、上記(1)から(3)の項目により生態系への負荷の低減を図る。
  4. 環境パフォーマンスを向上させるため、環境マネジメントシステムを継続的に改善する。
  5. この環境方針を達成するため、環境目的、目標を設定し、当サイトの全社員及び関係者が一致協力し、環境活動を推進する。
  6. 環境方針は電子文書とし、全社員及び関係者に周知する。また外部にはホームページにて開示する。

登録証番号

JQA-EM7340

取得日

登録日    : 2017年6月30日
有効期限  : 2022年12月20日

ISO14001登録証、ISO14001付属書は下記よりご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。