本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

登録事業者

組織名    : 株式会社日立ケーイーシステムズ
事業所名  : 東京オフィス 開発センター
部署名    : ソリューション事業部

登録活動範囲

ソリューション提供及びシステムインテグレーション(ソフトウェア開発、ハードウェア構築)

ISMS基本方針

  1. 情報セキュリティ管理規則の策定及び継続的改善
    当社は、情報セキュリティの取り組みを、経営並びに事業における重要課題のひとつと認識し、法令及びその他の規範に準拠・適合した情報セキュリティ管理規則を策定する。更に、当社役員を中心とした全社における情報セキュリティ管理体制を確立し、これを着実に実施する。加えて組織的、人的、物理的及び技術的な情報セキュリティを維持し、継続的に改善していく。
  2. 情報資産の保護と継続的管理
    当社は、当社の扱う情報資産の機密性、完全性及び可用性に対する脅威から情報資産を適切に保護するため、安全な管理策を講じる。また、事業継続のために、適切な管理措置を講じる。
  3. 法令・規範の遵守
    当社は、情報セキュリティに関する法令及びその他の規範並びに契約上のセキュリティ義務を遵守する。また、当社の情報セキュリティ管理規則を、これらの法令及びその他の規範に適合させる。また、これらに違反した場合には、社員就業規則等に照らして、然るべき処分を行う。
  4. 教育・訓練
    当社は、当社役員及び従業員へ情報セキュリティの意識向上を図るとともに、情報セキュリティに関する教育・訓練を行う。
  5. 事故発生予防と発生時の対応
    当社は、情報セキュリティ事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じる。
  6. リスクアセスメント
    リスクアセスメントを確立し、これに基づくリスクアセスメントの体系的なアプローチを定義する。事業の性質上、資産の機密性を特に重視し、さらに完全性、可用性も重視したリスクアセスメントを行う。これにより情報資産の脅威と脆弱性を識別し、セキュリティ要求事項を識別する。リスクアセスメントで顕在化したリスクの対策を行うことで事業継続の安定化と顧客満足を確実なものとする。
  7. ISMS基本方針群の設定
    情報セキュリティに関する活動の指針となる、以下のISMS基本方針群を規程または手順書に定め、従業員に展開し周知させる。
    ・モバイル機器の方針
    ・テレワーキングを行う場合の方針
    ・アクセス制御方針
    ・ネットワーク及びネットワークサービスへのアクセス方針
    ・暗号による管理策の利用方針
    ・鍵管理に関する方針
    ・クリアデスク・クリアスクリーン方針
    ・情報バックアップ方針
    ・情報転送の方針
    ・セキュリティに配慮した開発のための方針
    ・供給者関係のための情報セキュリティの方針

登録証番号

JQA-IM1046

取得日

登録日   : 2011年9月30日
有効期限 : 2023年9月29日

ISO27001登録証、ISO27001付属書は下記よりご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。