本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

 

製造業のデジタル化と課題

イメージ画像

 近年、労働人口の減少や市場競争の激化により、製造業ではデジタル化と現場データ活用のニーズが高まっています。
 現場データを活用するには種々デバイス「モノ」の生データを「何時」「何処で」「何のために」の繋がりのあるデータに加工できなければなりません。
 また、デジタル化の効果を最大限発揮するには、経営課題解決と現場改善を両立する現場主導型のアプローチが必要と考えます。

 WORKFRONTシリーズでは、現場の最適化を実現するソリューションを提供し、データの収集から加工、活用まで一貫して製造現場のデジタル化を支援します。

WORKFRONTシリーズ ソリューションメニュー

「WORKFRONTシリーズ」では、原料入荷→製造→検査→出荷に至るまで、お客様の各工程で活用可能なソリューションメニューをご用意しております。

WORKFRONTシリーズ ソリューションメニュー

ソリューション

  1. 見える化ソリューション
    生産、工程、製作部門間の情報を大型モニターに集約表示し、日程計画調作業を支援します。さらに、営業情報との共有、日程関連情報の集約、進捗の見える化を実現します。
  2. トレーサビリティソリューション
    工程ごとの情報を集中管理し、生産時から出荷後までのトレーサビリティを実現します。原材料管理だけでなく、出荷製品不良発生時の波及範囲特定に役立てることが可能になります。
  3. 監視ソリューション
    生産時における設備データ収集だけでなく、プロセス・実績管理も行います。これにより、不良発生時の問題箇所の発見と波及範囲の特定、不良品対策に役立てることが可能になります。
  4. 入荷管理ソリューション
    これまで目視で行っていた伝票作業や商品の照合作業を、バーコードとハンディターミナルを使用した入荷検品システム構築、実績管理をまとめたソリューションを提供します。
  5. 配合管理ソリューション
    原材料の誤配合による廃棄ロス防止と記録作業の省力化を実現します。配合ミスをシステムでチェックし、作業実績データを自動収集して、記録作業における人為的なミスを防止します。作業内容を製造記録書に残し、作業員へ共有化を実現します。
  6. 検査ソリューション
    検査工程の品質情報や報告書の管理をトータルにサポートします。ユーザ自身が、製品・向け先別に検査し、表フォーマットを自由に変更が可能。さらに、製造ロットと品質情報を紐付け、品質管理図(SPC)情報と連動することも可能になります。
  7. 出荷管理ソリューション
    出荷指示書の発行と出荷実績管理を行うと同時に、ハンディターミナルを用いた出荷検品をサポートします。トラック積込時に、ハンディターミナルを用いて検品したい運送会社や配送方法の選択が可能です。運送会社、配達方面の照合も可能になります。

パッケージ

  1. WORKFRONT/eq
    製品の品質維持には、生産設備の保全が特に重要なキーワードとなっています。「WORKFRONT/eq」は設備保全業務のサポートを目的としたシステムパッケージです。
  2. WORKFRONT/IoT
    さまざまなフィールドネットワークに対応し、主要メーカのPLCのネットワークに接続可能です。 既存システムを改造せずに、今ある設備で収集しているデータをITシステムで利用可能になります。
  3. CEMBiC
    医薬、医薬部外品、化粧品、医薬機器開発、製造現場向けに、室圧、温度、湿度、清浄度などの環境データの管理をFDA21 CFR Part11*に対応したモニタリングシステムで提供します。
  4. 入退出管理システム
    入館申請登録業務をWEBシステム化し、作業の省力化を実現します。生体認証付きタイムレコーダーシステムを組み合わせることで、勤怠記録の不正防止に役立てることが可能になります。
  5. 工程管理システム
    工程別の実績時間を収集し、予定に対する実時間を記録します。算出した予実時間の情報を、工程に対する標準作業時間の見直しなどにご利用いただけます。
  6. 安心食(温度管理)
    2020年にHACCP対応の衛生管理が義務化されます。HACCP導入をご検討中のお客様に、「正確な温度データの自動記録」や「衛生点検管理」が可能なシステムを提案します。

*
FDA21 CFR Part11:Food and Drug Administration
・医療品医療機器等の製造管理及び品質管理(GMP/QMS)に係る省令及び告知
 (薬食監麻発第0330001号)(平成17年3月30日)
・電磁的記録・電子署名利用のための指針(薬食発第0401022号)(平成17年4月1日)
・Food and Drug Administration Part11ガイダンス(電子記録・署名に関する法規則)

各ソリューション/パッケージの紹介ページはこちらから

WORKFRONTシリーズの特徴

 「WORKFRONTシリーズ」は、日立ケーイーシステムズが取り組んできた現場系情報案件(IT)と制御系情報案件(OT)のノウハウを組み合わせ、現場の最適化を実現します。

「WORKFRONTシリーズ」は、日立ケーイーシステムズが取り組んできた現場系情報案件(IT)と制御系情報案件(OT)のノウハウを組み合わせ、現場の最適化を実現します。

カタログ

  • * 記載されている内容は予告なしに変更する場合があります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。