本文へジャンプ

Hitachi

株式会社日立ケーイーシステムズ

概要と特長

 アフターサポートサービスは、IT関連機器のアフターサポート業務の一部または全部をご支援いたします。一般的なアフターサポートではなく、弊社ならではの価値(技術+現場+場所)をプラスしてご提供いたします。お客様の目線で、品質向上に貢献し、コスト低減にもご協力、貴社製品の販売力アップに繋げていきます。

このようなことでお困りではありませんか?

半田作業の画像

  • アフターサポートを向上・充実させたい
  • 自社サポート運営にかかる固定費を削減したい
  • 自社の担当者・技術者を本業に集中させたい
  • 日本国内で管理統制された、安心・安全な修理拠点をつくりたい
  • お客様の要望にあった柔軟なサービス体制を構築したいが、リソース不足
  • 機器の保管・在庫管理にかかる費用を低減したい

 弊社ではこのような課題を、日立PC事業で培ってきたノウハウ・経験と、システム会社である技術力で、サービスソリューションをご提案いたします。

サービスメニュー

★:本サービスのポイントになります

リペアサービス(保守・修理運用代行)

  1. センドバック修理
    ・ 指定窓口に送付いただいた故障機を修理し、ご返却する一般的な修理サービスです。 
    ・ 故障機の障害切り分け、部品単位の交換修理(半田作業*1)、テストツールによる動作確認等を行います。
    ★ 豊富な設備と熟練技術者による高品質修理、仕様に応じたテスト環境も構築可能です。
    * オプション
        ・ 製造メーカ様への修理依頼代行をお受けいたします。
        ・ 修理品の現地設置作業も代行いたします。
  2. 先出しセンドバック修理
    ・ 機器故障時に、予めお預かりしている代替機を、お客様環境に合わせて設定し、ご指定場所に送付
        (当日出荷も可能)いたします。
    ・ 代替機と交換した故障機は、センドバック修理同様処理後、ご指定場所へ返却または代替機として
        弊社にストックいたします。
    * オプション
        ・ 代替機と交換した故障機は、引取輸送も可能です。
        ・ 代替機の現地設置作業、故障機の回収作業も代行いたします。

*1 半田作業:基板に実装されているチップ単位の交換作業を行います。


保守パーツ管理

セキュリティ対策を施した場所に、修理に必要なパーツ、消耗品を保管・管理いたします。
★ 先入れ先出しによる保管期限管理を行います。
★ システムによる管理(カスタマイズ可能)を行いますので、作業ミスの低減、リアルタイム在庫の把握が可能です。
* オプション
    ・ パーツ、消耗品などの販売業務の代行も可能です。
    ・ 国内配送センターとして出荷前検査など作業代行いたします。
    ・ 保守作業時に交換するユニット部品の品質確認作業(不良部品の選別)も代行いたします。


機器の運用管理

代替機、デモ機などの機器をお預かりし、運用代行(入出庫・動態管理等)を行います。
★ 自社システムによる個体管理を行うことにより、トレーサビリティも万全です。
★ 日立グループのルールに準拠した情報セキュリティを提供いたします。
* オプション
    ・ 機器の修理、キッティング、リファビッシュなどの作業と組合せ可能です。
    ・ 運用機器は、使用の都度手直し(メンテナンス)しますので機器品質の維持が図れます。


機器引取・買取

・ 不要になった機器の引取・買取をいたします。
・ データ消去を必要とする機器に対し、ホワイトニング作業も可能です。
・ 引取・買取した機器は、リユースまたはマテリアルリサイクルいたします。
★ 廃棄する手間やコストを削減し、環境負荷低減に貢献します。

作業立地について

 作業場所は首都圏(千葉県習志野市)にあり、空港や高速道路へのアクセスが良く、輸送時間の削減が図れます。
 敷地内は、立入制限区域になっており、セキュアな環境での作業が可能です。また生体認証によりセキュリティを強化したエリアも設けています。

作業場所の写真

カタログダウンロード

  • * 記載されている内容は予告なしに変更する場合があります。

よくある質問

Q1. 海外メーカ製のIT機器のサポート対応は可能でしょうか。

 可能です。
 日本国内で経験し養ってきたノウハウを生かし、日本保守拠点として、販売店様との関係構築を重視しながら運営いたします。

Q2. 海外メーカ製のIT機器の保守を日本国内で行うメリットはありますか。

 あります。
 国内保守拠点で修理することでの修理リードタイムの短縮、スペアパーツ・消耗品の購買による事務処理工数の軽減とリードタイムの短縮など、販売店様の拡販意識を高める効果が見込まれます。

Q3. IT機器以外の製品のサポートは可能でしょうか。

 基本的にはIT機器のみのサポートとさせていただきますが、対象となる製品についてご相談ください。

Q4. 障害解析は可能でしょうか。

 弊社のコア技術であるPCハード開発経験を基にした評価技術チームとの連携により、障害解析・故障解析・評価等にも取り組んでいますのでご相談ください。

Q5. 修理状況について管理は行えますか。

 修理情報の定期的なご提供が可能であり修理状況の把握ができます。独自の修理システムにより共通不具合要素のフィードバックや故障品の急増などのアラームを発信いたします。不良要因の早期発見対応が可能です。